無機反応の機構

J.O.エドワーズ 著 ; 川口信一 訳

[目次]

  • 目次
  • 1 はじめに / p1
  • 1.1 本書で取り扱う問題 / p1
  • 1.2 ストイキオメトリー / p3
  • 1.3 化学平衡 / p3
  • 1.4 反応速度 / p6
  • 1.5 遷移状態説 / p10
  • 1.6 反応の次数と機構 / p12
  • 1.7 記号 / p13
  • 文献 / p15
  • 2 結合の強さと反応速度--酸,塩基および溶媒 / p17
  • 2.1 Brönsted説 / p17
  • 2.2 狭義の酸触媒作用 / p19
  • 2.3 広義の酸触媒作用 / p21
  • 2.4 Brönstedの式 / p22
  • 2.5 統計的補正 / p24
  • 2.6 Lewis説 / p26
  • 2.7 他の定義 / p29
  • 2.8 溶媒の一般的影響 / p30
  • 2.9 溶媒の物理的性質 / p31
  • 2.10 溶媒の化学的性質 / p33
  • 文献 / p35
  • 3 結合の強さと反応速度--自由エネルギーの直線関係 / p37
  • 3.1 自由エネルギーの直線関係 / p38
  • 3.2 二つの仮定 / p42
  • 3.3 数式的表現 / p43
  • 3.4 LFERの実例 / p44
  • 3.5 LFERに付随する諸問題 / p48
  • 3.6 中間体 / p53
  • 3.7 同位体速度効果 / p55
  • 文献 / p58
  • 4 求核置換反応 / p61
  • 4.1 反応機構の型 / p61
  • 4.2 反応速度の尺度 / p63
  • 4.3 反応速度を支配する諸因子 / p65
  • 4.4 求核性の序列 / p68
  • 4.5 リン化合物での置換反応 / p71
  • 4.6 平面構造錯体における置換反応 / p76
  • 4.7 考察 / p82
  • 文献 / p86
  • 5 過酸化物の反応に対する非ラジカル機構 / p89
  • 5.1 求核置換反応 / p90
  • 5.2 求核試薬としてのペルオキシアニオン / p98
  • 5.3 ペルオキシアニオンが脱離グループの場合 / p100
  • 5.4 過酸化物の分解反応 / p102
  • 5.5 次亜ハロゲン酸塩の反応 / p106
  • 文献 / p107
  • 6 八面体錯体における配位子置換反応 / p109
  • 6.1 反応活性の錯体と反応不活性の錯体 / p109
  • 6.2 結晶場による安定化 / p112
  • 6.3 配位子置換反応の一般的様相 / p115
  • 6.4 [化学式]解離機構と[化学式]追出し機構の比較 / p122
  • 6.5 塩基加水分解 / p124
  • 6.6 クロム(III)化合物 / p129
  • 6.7 2価カチオンの錯体 / p135
  • 文献 / p137
  • 7 金属錯体の電子移動反応 / p139
  • 7.1 電子移動の理論 / p139
  • 7.2 外圏交換反応 / p142
  • 7.3 ブリッジ機構 / p145
  • 7.4 鉄(II)-鉄(III)系の交換反応 / p152
  • 7.5 2電子移動反応 / p154
  • 7.6 非相補反応 / p156
  • 7.7 酸化還元機構による配位子置換反応 / p160
  • 文献 / p165
  • 8 オキシアニオンの反応 / p167
  • 8.1 反応速度に影響を及ぼす諸因子 / p167
  • 8.2 酸素交換反応 / p174
  • 8.3 リン酸イオンと水の間の交換反応 / p176
  • 8.4 誘導反応 / p179
  • 8.5 クロム酸と亜ヒ酸の反応 / p181
  • 8.6 尿素生成反応 / p184
  • 文献 / p186
  • 9 ラジカル反応 / p189
  • 9.1 定常状態近似 / p190
  • 9.2 ペルオキソジ硫酸塩の分解 / p191
  • 9.3 五酸化二窒素の分解 / p194
  • 9.4 連鎖反応 / p197
  • 9.5 水素と臭素の反応 / p200
  • 9.6 その他の水素‐ハロゲン反応 / p204
  • 9.7 ペルオキソジ硫酸イオンと過酸化水素の反応 / p209
  • 文献 / p211
  • 10 いくつかの未解決の問題 / p213
  • 10.1 一般的な問題 / p213
  • 10.2 反応速度式の構成因子 / p214
  • 10.3 微量金属の触媒作用 / p215
  • 10.4 リンのまわりの置換反応に関する諸問題 / p216
  • 10.5 配位化合物の置換反応 / p220
  • 10.6 ニトロソ化反応 / p222
  • 10.7 今後研究すべきいくつかの反応 / p224
  • 文献 / p225
  • 索引 / p227

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 無機反応の機構
著作者等 Edwards, John O
川口 信一
J.O.エドワーズ
書名ヨミ ムキ ハンノウ ノ キコウ
書名別名 Muki hanno no kiko
シリーズ名 化学モノグラフ ; 5
出版元 化学同人
刊行年月 1965
ページ数 231p
大きさ 22cm
NCID BN01795189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66001764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想