日本農業技術史 : 近世から近代へ

岡光夫 著

[目次]

  • 第1章 近世稲作技術と近代への展開(種子交換
  • 老朽化水田とその対策
  • 金肥の導入とその施用法
  • 反当播種量の減少と栽植法
  • 排水技術の展開
  • 先進稲作地の農民経済
  • 房総における改良法の展開)
  • 第2章 乾田化と牛馬耕(船中の二毛作談議
  • 各地域における二毛作と牛馬飼育
  • 北九州における乾田牛馬耕
  • 乾田裏作と日本文化)
  • 第3章 綿作技術の展開(綿作の各地への伝播と動向
  • 種子に関する技術
  • 綿作地の土壌と多肥化
  • 明治期綿作の消滅過程)
  • 第4章 タバコの伝播と生産構造(タバコの伝播とその背景
  • タバコの主産地帯
  • タバコの生産構造
  • 専売制以降の在来種タバコ
  • 寺院の茶)
  • 第5章 農業技術の推進者たち-老農の成立と時代的性格(老農の出現とその特色
  • 19世紀の老農
  • 明治の老農の先駆者
  • 明治の老農の技術と精神
  • 幕末期豪農の技術普及)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本農業技術史 : 近世から近代へ
著作者等 岡 光夫
書名ヨミ ニホン ノウギョウ ギジュツシ
書名別名 Nihon nogyo gijutsushi
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1988.1
ページ数 324p
大きさ 22cm
ISBN 4623017869
NCID BN01784783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88017488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想