相対性理論の世界 : はじめて学ぶ人のために

ジェームズ・A.コールマン 著 ; 中村誠太郎 訳

[目次]

  • 目次
  • 1 光速度を求めて / p15
  • 大砲で音速を測る / p16
  • ガリレオの失敗 / p18
  • ついに光をとらえた / p21
  • 雨から光への類推 / p23
  • 星の位置がずれる / p26
  • 歯車でとらえた光速度 / p29
  • 実験技術の記念碑的成功 / p31
  • 八分前に昇る太陽 / p35
  • 2 エーテルのジレンマ / p39
  • 光を伝える何かがある / p40
  • 静止エーテルの要請 / p42
  • エーテルの風よ吹け / p45
  • あっても測れないもの / p47
  • 飛行機レースからの類推 / p51
  • エーテルの風は吹かず / p54
  • 失敗に対する四つのいいわけ / p58
  • ものさしが縮む / p62
  • 大きなジレンマ / p65
  • 3 特殊相対性理論とは / p67
  • 時代をつくる二つの理論 / p68
  • あらゆる運動が相対的である / p69
  • 科学はまぼろしを追っていた / p74
  • 光速度は不変である / p76
  • 公理は絵にかいた餅ではない / p80
  • スピードを出すとものが縮む / p84
  • 速く走ると体重がふえる / p88
  • 速度は簡単には足せない / p92
  • 光は追いこせない / p95
  • エネルギーは質量を食べる / p100
  • おたがいの時計が遅れてみえる / p103
  • 四次元の世界とは / p108
  • 宇宙ロケットでは若返れない / p111
  • 4 事実の証言 / p117
  • たしかにスピードは質量を変えた / p118
  • (放射性粒子の証言)
  • (バラの花型の電子軌道)
  • (光速への接近)
  • 速度を足す / p126
  • (1+1は2にならない)
  • 巨大エネルギーの解放 / p128
  • (質量は不変ではなかった)
  • (原水爆の原理論)
  • (宇宙に点在する巨大原子炉)
  • (人類の新しい火)
  • 原子時計のおくれ / p140
  • (水素原子にとりつけられた時計)
  • 5 重力の謎と一般相対性理論 / p145
  • エレベーターは重力をつくる / p146
  • 厳密でなかった万有引力の法則 / p151
  • 宇宙は新しい実験場 / p157
  • 重力でまがる光線 / p160
  • 光の重さを測る / p162
  • 重力が時間を遅らせる / p168
  • 6 新しい宇宙像 / p171
  • さまざまな宇宙像 / p172
  • 宇宙は閉じている / p177
  • まっすぐ進むともとに戻る / p181
  • 拡がり行く宇宙 / p186
  • 7 統一場の理論 / p189
  • 宇宙を支配する基本法則 / p190
  • 輝かしい未来への階段 / p193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 相対性理論の世界 : はじめて学ぶ人のために
著作者等 Coleman, James A.
Coleman, James Andrew
中村 誠太郎
ジェームズ・A.コールマン
書名ヨミ ソウタイセイ リロン ノ セカイ : ハジメテ マナブ ヒト ノ タメニ
書名別名 Sotaisei riron no sekai
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1966
版表示 特装版
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 406117679X
NCID BA71666440
BN01778281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66006971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想