動く遺伝子 : トウモロコシとノーベル賞

エブリン・フォックス・ケラー 著 ; 石館三枝子, 石館康平 訳

1983年度ノーベル医学生理学賞を女性としてはじめて単独で受賞し、一躍脚光をあびた細胞遺伝学者バーバラ・マクリントック。たった一人で班入りトウモロコシの遺伝研究をつづけてきた。1951年に画期的な発見「動く遺伝子」説を発表したが、当時はまったく顧みられなかった。DNAの発見にはじまるその後の分子遺伝学の発展のなかで、そのぬきんでた先駆性が認められるまでには、実に30年の長い年月を必要とした。トウモロコシと心を通わせた対話を交しながら、みちたりた孤独のなかを生きてきた独創的な女性科学者の人と仕事を、20世紀遺伝学の華やかな歩みのなかに描く力作評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マクリントックと遺伝学の歩み
  • 第2章 みちたりた孤独
  • 第3章 科学者としての出発
  • 第4章 女性にとっての仕事
  • 第5章 ミズーリ大学時代 1936-1941
  • 第6章 正統性の内と外
  • 第7章 コールド・スプリング・ハーバー
  • 第8章 転移する遺伝子
  • 第9章 通じる言葉と通じない言葉
  • 第10章 分子生物学
  • 第11章 転移の再発見
  • 第12章 生物との共生感

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動く遺伝子 : トウモロコシとノーベル賞
著作者等 Keller, Evelyn Fox
石館 三枝子
石館 康平
ケラー エブリン・フォックス
書名ヨミ ウゴク イデンシ
書名別名 A feeling for the organism
出版元 晶文社
刊行年月 1987.11
ページ数 339p
大きさ 20cm
ISBN 4794957580
NCID BN01775669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88011076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想