戦後日本の警察

広中俊雄 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 序章 / p1
  • 1 旧日本の警察 / p2
  • 2 敗戦は何をもたらしたか / p25
  • 第一章 警察「民主化」の過程 / p29
  • 1 特高警察の除去と当時の国内状勢 / p30
  • 2 警察の制度・機構の民主化 / p51
  • 3 警察官の職務・権限の民主化 / p65
  • 4 「民主警察」の発足と警備公安警察の態勢整備 / p76
  • 第二章 「民主警察」の足どり / p79
  • 1 初期の諸徴候 / p80
  • 2 警備公安警察の発展と警察の「民主化」の手なおし / p96
  • 3 警察法の全面改正へ / p117
  • 4 刑事警察の歩み / p123
  • 第三章 現代日本の警察 / p129
  • 1 昭和二十九年警察法のもたらしたもの / p130
  • 2 警備公安警察活動の実態と法律 / p142
  • 3 安保条約の改定と警備公安警察 / p153
  • 4 「刑事警察と警備警察」の問題 / p175
  • 5 昭和四十年代初期の日本の警察 / p186
  • 6 警察官の声-むすびに代えて / p202

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦後日本の警察
著作者等 広中 俊雄
書名ヨミ センゴ ニホン ノ ケイサツ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1968
版表示 第9刷
ページ数 208p
大きさ 18cm
NCID BA37814920
BN01771577
BN08528985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005555
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想