お金と愛情の間 : マルクス主義フェミニズムの展開

ナタリー・J.ソコロフ 著 ; 江原由美子 他訳

市場労働と家事労働の社会的・経済的関係を家父長制的資本主義論によって解明し、マルクス主義フェミニズムの全体像を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地位達成の理論
  • 第2章 二重労働市場の理論
  • 第3章 労働市場に関するマルクス主義理論-マルクスと独占資本主義理論
  • 第4章 前期マルクス主義フェミニズム-家庭についての理論
  • 第5章 後期マルクス主義フェミニズム-家父長制的資本主義の理論
  • 第6章 要約と概観
  • 第7章 女性労働の弁証法的諸関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お金と愛情の間 : マルクス主義フェミニズムの展開
著作者等 Sokoloff, Natalie J
江原 由美子
岩田 知子
竹中 千香子
紙谷 雅子
藤崎 宏子
ソコロフ ナタリー・J.
書名ヨミ オカネ ト アイジョウ ノ アイダ
書名別名 Between money and love
出版元 勁草書房
刊行年月 1987.12
ページ数 339, 47p
大きさ 22cm
ISBN 4326600535
NCID BN01770665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88014759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想