精神の非植民地化 : アフリカのことばと文学のために

グギ・ワ・ジオンゴ【著】<Ng〓ug〓i wa Thiong'o>;宮本 正興;楠瀬 佳子【訳】

[目次]

  • 序論 闘いの普遍言語のために
  • 1 アフリカ文学の言語(帝国主義と言語問題
  • ベルリン会議とアフリカの「言語分割」
  • 英語で書くアフリカ人作家会議
  • アフリカ文学とは何か)
  • 2 アフリカ演劇の言語(農民の文化運動の中へ
  • 演劇の起源
  • 植民地支配と民衆「空間」の破壊
  • 60年代以後のケニアの演劇)
  • 3 アフリカ小説の言語(民族語小説を書く決意
  • アフリカ小説の発展とアフロ・ヨーロッパ文学
  • ルーツへの復帰-文化的再生の唯一の方法)
  • 4 関連性の探求(アフリカ文学の教育-具体的プランの場合
  • パン・アフリカニズムの強調
  • イデオロギー装置としての文学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神の非植民地化 : アフリカのことばと文学のために
著作者等 Ngũgĩ wa Thiongʼo
宮本 正興
楠瀬 佳子
グギ・ワ・ジオンゴ
書名ヨミ セイシンノヒシヨクミンチカ : アフリカノコトバトブンガクノタメニ
出版元 第三書館
刊行年月 1987.6.1
ページ数 209p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN01770585
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想