日本的経営はどこへ行くのか : 雇用が変わる人材が変わる

津田真澂 著

企業をとりまく内外の環境の変化は、大量出向・早期定年・中途採用…など様々な形で、従来の企業経営のあり方にドラスティックな転換を求めている。つまり日本的経営のシステムが再考される時だ。本書は、新たな「日本的経営」のあり方を探った著者渾身の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 本格的な海外進出の開始
  • 2 「終身雇用」から「半身雇用」へ
  • 3 新世代サラリーマンの登場
  • 4 パロディ化される旧世代
  • 5 労働市場が変わってきた
  • 6 工業化社会から新産業社会へ
  • 7 将来への透視図
  • エピローグ 日本的経営はどこへ行くのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的経営はどこへ行くのか : 雇用が変わる人材が変わる
著作者等 津田 真澂
書名ヨミ ニホンテキ ケイエイ ワ ドコエ ユクノカ
書名別名 Nihonteki keiei wa dokoe yukunoka
出版元 PHP研究所
刊行年月 1987.11
ページ数 190p
大きさ 20cm
ISBN 4569221467
NCID BN01767605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88007511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想