言語哲学大全  1 (論理と言語)

飯田隆 著

フレーゲとラッセルに始まる現代の言語哲学、そのエッセンスを分りやすく集約する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フレーゲと量化理論(ひとつの問題
  • 文の論理形式
  • フレーゲは言語哲学者か?
  • ArgumentとFunction
  • 文法的カテゴリー)
  • 第2章 フレーゲ的意味論の基礎(意味と像
  • 文脈原理と合成原理
  • 意義SinnとイミBedeutung
  • 陰影と力
  • フレーゲ的意味論の構造)
  • 第3章 ラッセルと記述の理論(前史 『数学の原理』の意味論
  • 革命 「表示について」〔1905〕
  • 余波 論理的固有名を求めて
  • 残響 単称命題の意味論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語哲学大全
著作者等 飯田 隆
書名ヨミ ゲンゴ テツガク タイゼン
書名別名 論理と言語
巻冊次 1 (論理と言語)
出版元 勁草書房
刊行年月 1987.10
ページ数 251, 15p
大きさ 20cm
ISBN 4326152001
NCID BN01765122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88001972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想