とはずがたり  上 (巻一・巻二)

久我雅忠女 著 ; 次田香澄 訳注

鎌倉時代前期、武家階級に活力ある政権を奪われた京都では、古来の政治・経済の基盤を失いかけた貴族たちは退廃的な生活にひたっていた。この風潮の中で、家柄と容色と才智にめぐまれた、久我雅忠の女がその異常な生涯を自らの手で記したのが『とはずがたり』である。14歳の春、無理に後深草院の後宮にされて一皇子を生みながら、複数の男性とも愛欲の生活を続ける大胆・奔放な生き方、体験を露骨に記述する文学史上特異な作品。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 とはずがたり
著作者等 中院雅忠女
次田 香澄
書名ヨミ トワズガタリ
書名別名 巻一・巻二

Towazugatari
シリーズ名 講談社学術文庫
巻冊次 上 (巻一・巻二)
出版元 講談社
刊行年月 1987.7
ページ数 434p
大きさ 15cm
ISBN 4061587951
NCID BN01763557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87048481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想