消費者ローン : 流通革命を支えるもの

鎌倉昇 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 現金経済から信用経済へ / p3
  • 大量消費の潤滑油
  • 金融の新時代
  • 経済、社会に果す役割
  • 第二章 消費者金融とは何か / p37
  • 企業金融との相違
  • 種々の形態
  • 販売金融会社の誕生
  • 付け勘定の専門会社
  • 第三章 日本における現状 / p67
  • アメリカとの比較
  • 銀行の消費者ローン
  • いわゆる月賦販売
  • 資金と制度の裏付け
  • 第四章 関連業務の整備と純化 / p99
  • 販売と金融の分離
  • 所有者と使用者の区別
  • 貸倒れ保険と取立て会社
  • 中古品市場の役割
  • 信用調査機関の確立
  • 第五章 販売業者・銀行・消費者 / p129
  • 手形制度の再検討
  • 消費者金融の専門化
  • 消費者と金融制度
  • 販売政策としての評価
  • 第六章 日本経済と消費者金融 / p161
  • いわゆるひずみの解消
  • 景気変動との関連
  • 企業の競争手段としての問題
  • 付 消費者金融に関する法手続

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 消費者ローン : 流通革命を支えるもの
著作者等 鎌倉 昇
書名ヨミ ショウヒシャ ローン : リュウツウ カクメイ オ ササエル モノ
書名別名 Shohisha ron
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1966
ページ数 186p
大きさ 18cm
NCID BN01761063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66004782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想