お遍路

高群逸枝 著

切なる自己悲観から発心して決行した漂泊の旅。青春期の矛盾を巡礼姿に托して行く四国遍路の思い出。生涯を女性史研究に捧げた先覚者の、若き日の熱情と夢、一途な求道の姿をうつしだす記念碑的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発端(八十八ケ所由来
  • 私の家
  • 遍路の支度)
  • 伊予〔上〕(出立
  • 大窪越え
  • 善根宿)
  • 土佐(大和丸
  • 雨ごもり
  • 遍路墓)
  • 阿波(曼珠沙華
  • 苦難のはて
  • 山林仏教)
  • 讃岐(大坂越え
  • 乞食宿の感想
  • 那是ヶ嶺)
  • 伊予〔下〕(秋暁早発
  • 石槌山にて
  • 道後湯の町)
  • 帰路(八幡浜まで
  • 豊後へ)
  • 後記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お遍路
著作者等 高群 逸枝
書名ヨミ オヘンロ
書名別名 Ohenro
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1987.12
ページ数 282p
大きさ 16cm
ISBN 4122014786
NCID BN0175920X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88018442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想