女性性の再発見 : 肥満とやせ症を通して

マリオン・ウッドマン 著 ; 桑原知子, 山口素子 訳

欧米や日本の女性の間で、病的な肥満や神経性食思不振症(やせ症)がふえつつある。本書は、臨床経験豊富な女性分析家が、まず肥満女性群に対して行なった言語連想実験による調査を紹介し、最近の生理学的、心身医学的研究成果に基づいて、身体と心との関係を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 実験的背景
  • 第2章 身体と心
  • 第3章 三つの事例研究
  • 第4章 女性性の喪失
  • 第5章 女性性の再発見

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性性の再発見 : 肥満とやせ症を通して
著作者等 Woodman, Marion
山口 素子
桑原 知子
ウッドマン マリオン
書名ヨミ ジョセイセイ ノ サイハッケン
書名別名 The owl was a baker's daughter

Joseisei no saihakken
シリーズ名 ユング心理学選書 13
出版元 創元社
刊行年月 1987.12
ページ数 243, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4422112139
NCID BN01748327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88052565
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想