橿原考古学研究所論集  第13

橿原考古学研究所 編

[目次]

  • 近畿地方における縄文時代草創期の編年と様相(松田真一)
  • 古墳時代における大和の鍛冶集団(坂靖)
  • 見瀬丸山古墳と欽明陵古墳(関川尚功)
  • 瓦当文様に現れない瓦工の系譜復元の試み(近江俊秀)-奥山久米寺出土軒丸瓦を中心として
  • 伝承飛鳥板蓋宮跡出土土器の再検討(林部均)
  • 鴟尾と出土地-素材変遷と古代の終焉(広岡孝信)
  • 下鴨神社収蔵の馬具について(山田良三)
  • 宇陀地方にみる三城館跡(伊達宗泰)
  • 奈良県川西村島の山古墳の一資料-古墳の旧所有者と古墳の名称(直木孝次郎)
  • 南都奈良の交通路(永島福太郎)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 橿原考古学研究所論集
著作者等 奈良県立橿原考古学研究所
橿原考古学研究所 (奈良県立)
橿原考古学研究所
書名ヨミ カシハラ コウコガク ケンキュウジョ ロンシュウ
巻冊次 第13
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.11
ページ数 576p
大きさ 22cm
ISBN 4642076182
NCID BN01741758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99048995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
下鴨神社収蔵の馬具について 山田良三
中国出土陶磁片の非破壊分析によせて 室賀照子
二上山系凝灰岩製の中世石造物 奥田尚
伝承飛鳥板蓋宮跡出土土器の再検討 林部均
元正天皇と赤漆文カン木厨子 東野治之
南越政権における趙胡(または趙昧)の二人 上田早苗
南都奈良の交通路 永島福太郎
古代史における技術移転試論1-技術評価のための基礎概念と技術移転形態の分類 鈴木勉
古墳時代における大和の鍛冶集団 坂靖
埴輪胎土の化学分析値を読む 安田博幸
大刀に使った木-研究所保管資料を中心に 福田さよ子
奈良県川西町島の山古墳の一史料-古墳の旧所有者と古墳の名称 直木孝次郎
宇陀地方にみる三城館跡 伊達宗泰
彩釉瓦セン小考-新出土例を中心に 平松良雄
日本文化における道の概念について 戸田秀典
村居見聞雑集-山本平左衛門日記抄 平山敏治郎
瓦当文様に現れない瓦工の系譜復元の試みー奥山久米寺出土軒丸瓦を中心として 近江俊秀
皇龍寺付近の坊 亀田博
縄文人の外耳道骨腫-その出現率の地域差と要因 片山一道
見瀬丸山古墳と欽明陵古墳 関川尚功
近畿地方における縄文時代草創期の編年と様相 松田真一
鋳物師草部是助と俊乗坊重源 田中 久夫
高屋築山古墳の築造企画の検討-前方後円墳廃絶に向かう一つの契機 宮川ススム
鴟尾と出土地-素材変遷と古代の終焉 廣岡孝信
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想