中世の律宗寺院と民衆

細川涼一 著

叡尊・忍性・覚盛らの顕密仏教改革派の律僧が、鎌倉時代後期に行なった社会的活動については、近年、さまざまな形で注目を浴びている。本書では、この律宗の社会的活動を、葬送活動を底辺で支えた斎戒衆、女性の社会的地位の低下の中で尼寺での単身者としての生活に活路を見出した尼、律僧でありながら融通念仏を広め、壬生狂言の開始者とされた導御などを例に具体的に探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 唐招提寺の律僧と斎戒衆-勧進・葬祭組織の成立
  • 第2 大和竹林寺・般若寺・喜光寺の復興
  • 第3 河内の西大寺末寺と惣墓-西大寺・教興寺・寛弘寺
  • 第4 鎌倉時代の尼と尼寺-中宮寺・法華寺・道明寺
  • 第5 法金剛院導御の宗教活動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の律宗寺院と民衆
著作者等 細川 涼一
書名ヨミ チュウセイ ノ リッシュウ ジイン ト ミンシュウ
書名別名 Chusei no risshu jiin to minshu
シリーズ名 中世史研究選書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.12
ページ数 234, 11p
大きさ 20cm
ISBN 464202655X
NCID BN01738800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88008554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想