赤瓦の家 : 朝鮮から来た従軍慰安婦

川田文子 著

沖縄のサトウキビ畑の片隅に、人目をさけてひっそりと暮らす朝鮮人女性-彼女を取材する中で、祖国を捨て、性をひさいで生きざるを得なかった、朝鮮人女性の悲劇と日本国家の無責任が明らかにされてゆく。長篇ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ポンギさんの放浪(出会い
  • 少女時代
  • 興南から沖縄へ
  • 赤瓦の家
  • 戦争
  • 皇軍の地下足袋
  • 渡嘉敷へ)
  • 第2章 三つの島の慰安所(渡嘉敷島
  • 座間味島
  • 阿嘉島)
  • 第3章 新礼院へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤瓦の家 : 朝鮮から来た従軍慰安婦
著作者等 川田 文子
書名ヨミ アカガワラ ノ イエ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.2
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 4480812350
NCID BN01737728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87025220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想