なぜ人は書くのか

茂呂雄二 著

言葉を文字にするということは、何と「大きな一歩」であることか。書くということ、書き始めるということのもつ意味を生成的記号論の立場から徹底解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 問題の発掘
  • 1章 書くことの発生と前史
  • 2章 書きことばと知の発達
  • 3章 書かれたものの意味-シンボル・センス・対話
  • 4章 生成的記号活動としての作文
  • 5章 書くことを支えること、育てること
  • 終章 なぜ書くのか
  • 補稿 書くことと「やさしさ」(汐見稔幸)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ人は書くのか
著作者等 汐見 稔幸
茂呂 雄二
書名ヨミ ナゼ ヒト ワ カクノカ
シリーズ名 認知科学選書 16
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1988.1
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4130130668
NCID BN01737182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88021389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想