公益法人課税学校法人税制

新井隆一 著

学校法人を含めて、公益法人等の収益事業における利益に対する課税の強化、資産の運用による金融収益に対する新たな課税が、焦眉の問題となっている。公益法人等の存立にもかかわるとする危機感が、関係者をいらだたせている。課税側は、厳しい財政事情、税負担の公平を旗じるしに歩を進めているが、果してそれは正論といえるか。学校経営にもたずさわってきた著者が、しかし公正な論理を展開して課題の解明に迫っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 公益法人課税
  • 学校法人税制
  • 納税環境
  • 公平負担
  • 理想の税理士

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公益法人課税学校法人税制
著作者等 新井 隆一
書名ヨミ コウエキ ホウジン カゼイ ガッコウ ホウジン ゼイセイ
シリーズ名 新井隆一税法評論 4
出版元 成文堂
刊行年月 1986.7
ページ数 210p
大きさ 20cm
NCID BN01732145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86049790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想