バロック的理性と女性原理 : ボードレールからベンヤミンへ

クリスティーヌ・ビュシ・グリュックスマン 著 ; 杉本紀子 訳

ボードレールからベンヤミンへひきつがれたもうひとつの近代、それは「進歩」に対立し、世界を細切れの断片へ解体するバロック的理性である。サロメの神話的暴力が開示する歴史の亀裂へ読者を導く新しいバロック論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代的なるものの考古学(天使の空間
  • バロック的空間
  • ボードレール的空間
  • エクリチュールの空間)
  • 女性的なるもののユートピア(カタストロフィー派のユートピア
  • 人間学的ユートピア
  • 侵犯的ユートピア
  • 補足・他者性のウィーン的形象)
  • バロック的理性(他者性の美学
  • サロメ
  • 現代的なるものの舞台そしてメドゥーサの眼差し)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バロック的理性と女性原理 : ボードレールからベンヤミンへ
著作者等 Buci-Glucksmann, Christine
杉本 紀子
ビュシ・グリュックスマン クリスティーヌ
書名ヨミ バロックテキ リセイ ト ジョセイ ゲンリ
書名別名 La raison baroque
シリーズ名 バロック・コレクション 2
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.12
ページ数 164p
大きさ 22cm
ISBN 4480835784
NCID BN01732098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88018908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想