日野原重明著作集  第4巻 (看護のアート 2)

日野原 重明【著】

ただ看護するものの心が、病む人の心と通じ、これを支えるというだけでは専門職のアートとは言えない。アートは感性を重んじならがも、一つのシステムをもって論理的にアプローチされなければならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 患者の持つ問題をとくナースのアプローチ
  • POS(看護記録の問題とその解決
  • 医師・ナース参与のPOS回診
  • POSの目指すもの)
  • これからの看護婦の役割(これからの医療と看護婦の役割
  • インタビューによる患者の問題の整理
  • 『看護過程』を考えるにあたって
  • ベッドサイド・ティーチングの意義とその実践
  • 1980年代の医療と看護のかかわり合い
  • いまナースに求めらる『臨床能力』とは
  • 看護する者に必要な医学の理解と医学から看護に期待するもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日野原重明著作集
著作者等 日野原 重明
書名ヨミ ヒノハラ シゲアキ チョサクシュウ
書名別名 看護のアート
巻冊次 第4巻 (看護のアート 2)
出版元 中央法規
刊行年月 1988.3
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 480580484X
NCID BN0172891X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88047842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想