日本古文書学論集  10

日本古文書学会 編

有力な寺院や神社から創出され、あるいは信仰の世界で大きな役割を果し続けてきた、いわゆる「宗教文書」は実に数多い。けれども、これらが古文書研究の対象としてとりあげられることは比較的少なかった。ここでは,宗教活動の高揚期たる中世を中心に、古代以来の研究成果を収載する。本巻が、宗教古文書研究の出発点となることを期している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 寺院文書の研究(法隆寺伽藍縁起并流記資財帳諸写本の伝来
  • 唐招提寺舎利殿奉納文書について
  • 中世東寺の祈祷文書について
  • 公文と官銭)
  • 第2章 僧侶消息の研究(源空・親鸞の"自筆"書状
  • 浄土宗初期の手印と花押
  • 「いまこせんのはゝ」について
  • 花押の変化と御消息の系年
  • 「富木殿御返事」と日蓮聖人伝の検討)
  • 第3章 起請文の研究(落書起請に関する一起請文への理解
  • 東大寺文書にみえる牛玉宝印
  • 中世社寺を中心とせる落書起請に就いて)
  • 第4章 金石文の研究(出雲神魂神社に於ける古柱銘と古文書
  • 板碑精査が示す中世民衆仏教普及の実態
  • 板碑にみる日蓮宗仏教儀礼の展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古文書学論集
著作者等 三田 全信
中尾 尭
今枝 愛真
千々和 到
千々和 実
富田 正弘
日本古文書学会
村田 正志
渡辺 澄夫
田中 稔
石上 英一
荻野 三七彦
菊地 勇次郎
赤松 俊秀
鈴木 一成
書名ヨミ ニホン コモンジョガク ロンシュウ
書名別名 中世. 6 中世の宗教文書
巻冊次 10
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.10
ページ数 431p
大きさ 22cm
ISBN 4642012656
NCID BN01728523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88000223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中世. 6 中世の宗教文書 中尾尭
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想