日本国憲法論

佐々木惣一 著

[目次]

  • 目次 / p1
  • 緖言 / p3
  • 前論 國家 法 憲法 / p9
  • 第一章 國家 / p9
  • 第二章 法 / p31
  • 第三章 憲法 / p59
  • 序編 日本國憲法總說 / p69
  • 第一章 日本國の憲法 / p69
  • 第二章 日本國憲法 / p70
  • 第三章 日本國の憲法的習律 / p131
  • 第一編 國家の全相 / p133
  • 第一章 日本國憲法前文 / p133
  • 第二章 國號 / p149
  • 第三章 國家的象徴 / p151
  • 第二編 國權の源泉 / p169
  • 第一章 國權と國家の權力及び權利 / p169
  • 第二章 國權の源泉 / p172
  • 第三章 主權者たる國民を代表する國會 / p178
  • 第三編 國權の發動 / p227
  • 第一章 國權の發動總說 / p227
  • 第二章 立法 / p257
  • 第三章 行政 / p279
  • 第四章 司法 / p342
  • 第五章 國權の發動における連關及び最高の作用 / p370
  • 第四編 國權の客體 / p379
  • 第一章 國權の客體總說 / p379
  • 第二章 國家成員としての天皇 / p381
  • 第三章 國民 / p386
  • 第四章 外國人 / p467
  • 第五編 國權の領域 / p473
  • 第一章 國權の領域と國家の領土 / p473
  • 第二章 領土の形成 / p476
  • 第三章 領土の變更 / p478
  • 第六編 國權の移付 / p483
  • 第一章 國權の移付一般及び地方自治 / p483
  • 第二章 地方自治の保障 / p485
  • 第三章 地方公共團體に關する基本原則 / p487
  • 第七編 日本國憲法の理念的基礎 / p495
  • 第一章 憲法の規範とその理念 / p495
  • 第二章 人類普遍の原理への意識的考慮 / p498
  • 第三章 國家體制における天皇權惡用根絕の要望 / p500
  • 第四章 國權の源泉を國民におくの思想 / p503
  • 第五章 三權分立主義の沿革的展開 / p506
  • 第六章 政治の根柢たる民意主義の强化 / p508
  • 第七章 人間尊重及びその限界の自然規範觀念の法的導入 / p513
  • 第八章 恒久的國際平和の念願 / p518
  • 第九章 國際的生活秩序尊重のための特別の用意 / p521
  • 第十章 憲法擁護の國民的責務の强調 / p523
  • 索引 / p525
  • 條文索引 / p527
  • 事項索引 / p531

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本国憲法論
著作者等 佐々木 惣一
書名ヨミ ニホンコク ケンポウロン
出版元 有斐閣
刊行年月 1954 2版
版表示 改訂補正版
ページ数 546p
大きさ 22cm
ISBN 4641902003
NCID BA39363243
BA63362928
BN01723789
BN02450830
BN1271338X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54012836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想