バッハの生涯と芸術

フォルケル 著 ; 柴田治三郎 訳

音楽家フォルケル(1749‐1818)の手に成る本書(1802)は、バッハの生涯を略述した上で、作品、作曲の方法、演奏の仕方、弟子の養成等について語り、ドイツの国民的財産としてのバッハを顕彰した最初の本格的評伝。諸処に挿入された訳注によって、19‐20世紀のバッハ研究の変遷を辿ることができ、恰好の入門書ともなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • バッハ一族
  • バッハの生涯
  • クラヴィーア奏者としてのバッハ
  • オルガン奏者としてのバッハ
  • 作曲家としてのバッハ
  • 教師としてのバッハ
  • バッハの性格
  • バッハの作品
  • 推敲するバッハ
  • バッハの精神

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バッハの生涯と芸術
著作者等 Forkel, Johann Nikolaus
柴田 治三郎
フォルケル J.N.
書名ヨミ バッハ ノ ショウガイ ト ゲイジュツ
書名別名 Ueber Johann Sebastian Bachs Leben,Kunst und Kunstwerke
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.1
ページ数 226, 9p
大きさ 15cm
ISBN 4003350715
NCID BN01716932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88022468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想