オランダ構造人類学

P.E.デ=ヨセリン=デ=ヨング 他著 ; 宮崎恒二 ほか編訳

むせかえるような熱帯のジャングルのもと、精緻な分類体系と構造的思考を展開するインドネシアのおどろくべき文化形態を、ワヤン、占い、遊戯、建築、叙事詩にさぐり、レヴィ=ストロースに決定的影響を与えた輝しきオランダ構造主義の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マルセル・モースとオランダ構造人類学の起源
  • 2 民族学的研究領域としてのマライ諸島
  • 3 ジャワにおけるモンチョ・パット概念の起源-未開の分類体系とのかかわりで
  • 4 ジャワの占いと分類体系
  • 5 コラワスラマ〔部分〕
  • 6 マンギリのダムについて-東スンバの社会構造に関する考察
  • 7 西部スンバ、コディにおける地域集団と二重出自
  • 8 親族と婚姻についてのレヴィ・ストロースの理論
  • 9 自文化をみる視点
  • 10 トリックスターの起源
  • 11 ジャワ演劇〔ワヤン〕の意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オランダ構造人類学
著作者等 Josselin de Jong, P. E. de
宮崎 恒二
遠藤 央
郷 太郎
デ・ヨセリン・デ・ヨング P.E.
書名ヨミ オランダ コウゾウ ジンルイガク
出版元 せりか書房
刊行年月 1987.12
ページ数 488, 23p
大きさ 22cm
ISBN 4796701524
NCID BN01699527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88013703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 オランダ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想