日本科学技術史大系  第25巻 (医学 第2)

日本科学史学会 編

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p1
  • 編集方針・凡例 / p2
  • 序章 総説 / p11
  • 第1章 第一次大戦と日本の医学 / p17
  • 第1節 医薬品の国産振興 / p18
  • 第2節 国際性の伸張 / p25
  • 第3節 基礎医学研究体制の充実と医療技術の普及 / p35
  • 第2章 社会医学への関心 / p47
  • 第1節 実態調査の勃興 / p50
  • 第2節 新しい医学を求めて / p72
  • 第3節 労働科学研究所の創立とその発展 / p95
  • 第3章 医療の普及運動 / p105
  • 第1節 軽費診療 / p107
  • 第2節 健康保険法の成立 / p126
  • 第3節 文明病と国民病 / p139
  • 第4節 産児制限と乳幼児保護 / p158
  • 第4章 医学の戦時体制への傾斜 / p171
  • 第1節 厚生省の発足 / p172
  • 第2節 民族衛生 / p179
  • 第3節 保健技術の再編成 / p192
  • 第4節 医学研究の組織化 / p199
  • 第5節 医療担当者の大量養成と医学の哲学 / p213
  • 第5章 総力戦と医療 / p239
  • 第1節 体力医学と医療の組織化 / p241
  • 第2節 国民の栄養 / p257
  • 第3節 農村と労働の医学 / p272
  • 第4節 戦時下の結核問題 / p299
  • 第5節 軍事医学 / p308
  • 第6章 敗戦と占領下の医学 / p317
  • 第1節 軍政下の公衆衛生の進展 / p319
  • 第2節 医学教育のアメリカ化 / p342
  • 第3節 病院機構の改善 / p354
  • 第7章 主体性回復への歩み / p373
  • 第1節 医学の反省 / p374
  • 第2節 医学再建への模索 / p385
  • 第3節 医療の民主化運動 / p393
  • 第4節 農村医学の再出発 / p414
  • 第5節 原爆症への主体的接近 / p426
  • 第8章 医療の"合理化"と合理性と / p441
  • 第1節 外科技術の進歩と医療器械 / p447
  • 第2節 医学・医療の標準化 / p462
  • 第3節 人口構造の変化と成人病 / p476
  • 第4節 医薬業の伸張 / p489
  • 第9章 医学の現在の課題 / p509
  • 第1節 医療概念の再検討 / p510
  • 第2節 公害と職業病 / p520
  • 第3節 自主的な医育改善への胎動 / p535
  • 第4節 海外への医療協力 / p566
  • 終章 展望 / p573
  • 1 世界の医学史 / p573
  • 2 日本の医学の100年 / p576
  • 3 展望のための整理 / p578
  • 4 おわりに / p579
  • 年表 / p581
  • 参考文献目録 / p595
  • 索引 / p611

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本科学技術史大系
著作者等 日本科学史学会
書名ヨミ ニホン カガク ギジュツシ タイケイ
巻冊次 第25巻 (医学 第2)
出版元 第一法規
刊行年月 1967
ページ数 618p 図版
大きさ 27cm
NCID BN0169912X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52003471
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想