生命の精密機械 : そのしなやかな仕掛けが見えてきた

大沢文夫 編

生命は、分子でできた機械である。しかし、この天然の機械は、人間のつくってきた機械とは、根本的にちがうようである。シュレディンガー以来、生命を物理的に見てきたこの生物物理学は、今日のバイオテクノロジーの爆発をもたらしたが、いままでの研究成果によると、生命は、想像以上に小さく精緻な機械の総合として成り立っていた。10億分の1メートルのしなやかな分子モーター、分子ポンプなどが、原子1個ずつをやりとりしながら動いている。そのざわめきのすべてが、"私たち"の生命や意識を合目的的につくりあげているのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 生物分子機械-ゆらぐから生きられる
  • 第2章 分子機械、素材から機械へ
  • 第3章 運動の分子機械
  • 第4章 自己集合する分子機械
  • 第5章 ひろがる超分子の世界-人類が柔らかな機械をつくる日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命の精密機械 : そのしなやかな仕掛けが見えてきた
著作者等 大沢 文夫
書名ヨミ イノチ ノ セイミツ キカイ
書名別名 Inochi no seimitsu kikai
シリーズ名 読売科学選書 17
出版元 読売新聞社
刊行年月 1987.8
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 4643870567
NCID BN01698331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87050157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想