日本の労働者階級

堀江正規 著

[目次]

  • 目次
  • I 労働者階級の歴史的地位 / p1
  • II 資本主義的生産の発展と労働者階級の物質的状態との関係 / p8
  • 1 資本主義的生産の発展(あるいは生産性の向上)が、そのまま労働者階級の物質的状態の改善になるか / p8
  • 2 資本主義的生産の発展と相対的および絶対的窮乏化 / p20
  • 3 現実の歴史の中で、労働者階級の物質的状態はどう変化したか / p29
  • III 日本における労働者階級の現状-統計にあらわれたかぎりでの把握- / p34
  • 1 国際的および国内の時代的比較をおこなう意味 / p34
  • 2 統計による国際的比較 / p41
  • 賃金
  • 労働時間
  • 労働強度
  • 労働災害
  • 失業と半失業
  • 3 戦前と戦後の変化(国内的比較) / p75
  • 賃金
  • 労働時間
  • 労働強度
  • 失業
  • IV 低賃金と無権利の歴史的諸条件 / p92
  • 1 日本資本主義の特殊な前提 / p92
  • 世界資本主義と日本資本主義
  • 天皇制の役割
  • 半封建制の残存
  • 2 日本資本主義の特殊な発展 / p102
  • 軽工業中心の奇形的な産業構成
  • 全般的危機のもとでの重工業化
  • V より高い生活様式のもとで、労働者階級はどう生きているのか / p117
  • 1 生活様式の変化とその意義 / p118
  • 労働者階級の勢力の増加
  • 家計にあらわれた変化
  • 最低生活費からみた労働者生活
  • 2 労働者生活の矛盾を妥協的に解決する諸形態、および矛盾の展開 / p136
  • 超勤と連勤と借金
  • 兼業と労働力の価値の分割
  • 婦人労働者についての補足
  • VI 現代資本主義と労働者階級-〝宿命〟を克服する条件は何か- / p155
  • 1 いままでにのべたことの要約 / p155
  • 2 現代資本主義の歴史的地位と矛盾の激化、とくに「競争の激化」 / p161
  • 金般的危機のいっそうの激化
  • 資本主義をおびやかす現代の「競争」
  • 3 戦後日本資本主義の生産方法および蓄積方法の特徴 / p173
  • アメリカ帝国主義への従属
  • 国家独占資本主義の生産方法と蓄積方法
  • 勤労者大衆からの財政収奪
  • 国庫掠奪の合法化
  • インフレーション的な資本調達の手品
  • 独占価格
  • 国家市場と軍事費
  • 高賃金政策ではない低賃金政策
  • 4 貧困および飢餓とのたたかいに、なぜ全精力をささげなければならないか / p196
  • あとがき / p199

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の労働者階級
著作者等 堀江 正規
書名ヨミ ニホン ノ ロウドウシャ カイキュウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1962
ページ数 202p
大きさ 18cm
NCID BN01695140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62003310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想