海辺

レイチェル・カーソン 著 ; 上遠恵子 訳

生態学的視点から生命の危機を訴えたカーソン。その著『沈黙の春』は全世界にショックを与えた。海洋生物学者であった彼女は研究を進めるうちに、潮の永遠のリズムの中に生きる生物たちに<生命の棲み家-地球>の姿をみたのだ。カーソンの原点ともいうべき本書は、海辺のさまざまな環境と生物たちの生態とをあますところなく紹介し、その魅力を伝えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 海辺の世界
  • 第1章 海辺の生きものたち
  • 第2章 岩礁海岸
  • 第3章 砂浜
  • 第4章 サンゴ礁海岸
  • 終章 永遠なる海
  • 付 海辺の生物の分類

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海辺
著作者等 Carson, Rachel
上遠 恵子
カーソン レイチェル
書名ヨミ ウミベ
書名別名 The edge of the sea

生命のふるさと

Umibe
出版元 平河出版社
刊行年月 1987.9
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 4892031356
NCID BN01672021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88001733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想