出雲の神々

上田正昭 編

縁結びの神として広く人々の尊崇をあつめている出雲の神は、本来はどんな神だったのか。歴史学・考古学・宗教学など広い視野から古代と現代を結ぶ。神々の原像をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神々の原像(上田正昭)
  • 出雲の祭祀遺跡(宮沢明久)
  • 意宇と杵築(八木充)
  • 出雲の神話(松前健)
  • 『出雲国風土記』の神々(瀧音能之)
  • 出雲の神事(瀧音能之)
  • 出雲大社の建築(川上貢)
  • 出雲大社教と出雲教-近代の出雲信仰(村上重良)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出雲の神々
著作者等 上田 正昭
八木 充
宮沢 明久
川上 貢
村上 重良
松前 健
滝音 能之
書名ヨミ イズモ ノ カミガミ
書名別名 神話と氏族

Izumo no kamigami
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.10
ページ数 210p
大きさ 20cm
ISBN 4480854037
NCID BN01671255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88009761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想