ある弁護士の生涯 : 布施辰治

布施柑治 著

布施辰治は、明治13年東北に生れ、東京で弁護士となり、法廷での弁護・普選運動などに異色の活動を展開し、時の権力から"社会主義弁護士"と呼ばれた。いわゆる3・15共産党事件の弁護をし、「法廷を騒がせた」という理由で懲戒裁判にかけられ、弁護士資格を奪われた。波瀾の生涯を伝える評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 F氏の生涯
  • 2 F弁護士の懲戒裁判

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I F氏の生涯
  • 1 三つ子の魂の形成 / p1
  • 2 上京を決意するまで / p8
  • 3 ロシア正教神学校の入学試験で / p14
  • 4 明治法律学校から司法官試補へ / p20
  • 5 弁護士への出発 / p26
  • 6 弁護士生活の軌道に乗る / p31
  • 7 トルストイの弟子として / p39
  • 8 独自の普通選挙運動 / p45
  • 9 〝社会主義弁護士〟と呼ばれて / p50
  • 10 朝鮮人、台湾人の友として / p57
  • 11 関東大震災の前後に / p61
  • 12 政治研究会から労働農民党へ / p73
  • 13 日本共産党を救援す / p77
  • 14 暗い谷間を通ったときに / p85
  • 15 太平洋戦争後の活動 / p91
  • II F弁護士の懲戒裁判
  • 1 日本共産党大坂被告団の歌声 / p99
  • 2 検事とF氏の治安維持法問答 / p105
  • 3 起訴状-権力側の事実認識と主張 / p109
  • 4 F氏〝懲戒裁判法廷闘争覚書〟を発表 / p112
  • 5 〔第一審第一回公判〕審理に先入観念は禁物-裁判長に交替要求をつきつける- / p117
  • 6 〔第一審第二回公判〕同僚ビイキの審理は困る-平静の仮面を脱いで発言- / p123
  • 7 〔第一審第三回公判〕検事が「思想は起訴せぬ」と言明-起訴の範囲を確かめる- / p127
  • 8 〔第一審第四回-第六回公判〕〝大坂公判〟の真実を知ろう-事実調べの一問一答- / p133
  • 9 〔第一審第七回-第九回公判〕F氏に不利な発言をさせようと-証拠調べで裁判長が証人と一騎打ち- / p141
  • 10 〔第一審第九回午後-第十七回公判〕有罪の論理と無罪の論理-論告、弁論から弁護士資格取上げ判決へ- / p153
  • 11 〔最終審第一回-第三回公判〕F氏、冒頭に宣言す-数々のルール違反を総攻撃- / p160
  • 12 〔最終審第四回-第九回公判〕きれいな公判記録を作りたい-喜劇の一幕もあって事実調べ進む- / p165
  • 13 〔最終審第十回-第十二回公判〕〝大阪公判〟の調書は特高警察の速記-証拠調べをF氏不在の法廷で急ぐ- / p176
  • 14 〔最終審第十三回公判〕弁論ぬきで突然に最終判決-証拠申請中にF氏の発言を禁止- / p184
  • 15 あとの話をひとこと / p197
  • <付録>
  • 布施辰治年譜抄 F氏の主要著作と定期刊行物 / p200

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ある弁護士の生涯 : 布施辰治
著作者等 布施 柑治
書名ヨミ アル ベンゴシ ノ ショウガイ : フセ タツジ
書名別名 Aru bengoshi no shogai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1963
ページ数 204p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4004100585
NCID BN01668807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63002916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想