中世賤民の宇宙 : ヨーロッパ原点への旅

阿部謹也 著

ヨーロッパ中世の人びとの心的構造の核にあるものは何か。大宇宙と小宇宙という二つの宇宙のなかで生きていた中世人が、キリスト教の浸透による時空観念の一元化、死生観の転換によって、畏怖の対象であった職業を賎視の対象としてみるようになってゆく過程を考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私たちにとってヨーロッパ中世とは何か
  • ヨーロッパ・原点への旅-時間・空間・モノ
  • 死者の社会史-中世ヨーロッパにおける死生観の転換
  • ヨーロッパ中世賎民成立論
  • 中世ヨーロッパにおける怪異なるもの
  • ヨーロッパの音と日本の音

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世賤民の宇宙 : ヨーロッパ原点への旅
著作者等 阿部 謹也
書名ヨミ チュウセイ センミン ノ ウチュウ
書名別名 Chusei senmin no uchu
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.10
ページ数 318p
大きさ 21cm
ISBN 4480854096
NCID BN01667189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88009814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想