分裂病の症状論

安永浩 著

「ファントム仮説」で知られる著者の『精神医学の方法論』に続く論文集。分裂病と並んで臨床家を手こずらせているのが、境界例である。筆者は、境界例の持つ"あいまいさ"自体が「今日の社会病理と関係している可能性」を指摘し、時代の影響を受けやすい"中心気質"の考え方を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 症状(幻覚
  • 妄想
  • 思考障害
  • 自我障害
  • 感情・意志の異常
  • 人格変化の印象
  • 微視的症状
  • 巨視的観点)
  • 2 分裂病型妄想の理論的問題点(分裂病型妄想の臨床的問題点
  • ファントム仮説からの接近)
  • 3 境界例と社会病理(境界例の病像の問題点。またそれは変化したか?
  • 社会病理との関連?
  • 新しい考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分裂病の症状論
著作者等 安永 浩
書名ヨミ ブンレツビョウ ノ ショウジョウロン
書名別名 Bunretsubyo no shojoron
出版元 金剛
刊行年月 1987.7
ページ数 172p
大きさ 22cm
ISBN 4772402640
NCID BN01659486
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87049152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想