極東戦線 : 一九三一~三四 満州事変・上海事変から満州国まで

エドガー・スノー 著 ; 梶谷善久 訳

"ラスト・エンペラー"溥儀、蒋介石、張学良ら中国指導者と、荒木貞夫、土肥原賢二ら日本軍部の、野望と挫折が交錯する満州国のドラマを、砲煙弾雨のなかで記録しつづけた迫真のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 満州・征服者の出生地(戦争の系譜
  • 日の本
  • 張王朝
  • 大元帥の息子
  • 共謀者と征服)
  • 第2部 壁の中の中国(4億の人びと
  • 革命と反動
  • 地上に類がなく
  • 日本式商法)
  • 第3部 日章旗の下の満州(王道楽土成る
  • 征服への行進
  • 今日の満州国
  • アジアの命運
  • 崩壊する中国)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 極東戦線 : 一九三一~三四 満州事変・上海事変から満州国まで
著作者等 Snow, Edgar
梶谷 善久
スノー エドガー
書名ヨミ キョクトウ センセン
書名別名 Far Eastern front
シリーズ名 筑摩叢書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.12
ページ数 265, 3p
大きさ 19cm
ISBN 4480013180
NCID BN0165054X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88018387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想