思春期やせ症の家族 : 心身症の家族療法

S.ミニューチン ほか著 ; 増井昌美 ほか訳

本書の目的は、心身症の理論を新たに確立し、それを科学的データで確証し、神経性食思不振症の実際の治療例を提示しながらその理論を明らかにしていくことである。病気の中心は個人にあるのではなく家族にあるのだという新しい診断を、実際の臨床例に基づき著者たちの見解を述べることにより導きだす。今までは治療のうまくいかないとされていたこの種の疾患に対して、家族療法がいかに効果的であるか…が本書において、詳細に論じられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神経性食思不振症の展望
  • 第2章 心身症の家族
  • 第3章 食思不振症家族
  • 第4章 治療のための青写真
  • 第5章 変化のための戦略
  • 第6章 治療開始時の処置
  • 第7章 治療結果
  • 第8章 カプラン家の症例
  • 第9章 ギルバート家の症例
  • 第10章 プリーストマン家の症例
  • 第11章 メノッティ家の症例
  • 第12章 小さな惑星のためのサイコセラピー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思春期やせ症の家族 : 心身症の家族療法
著作者等 Minuchin, Salvador
増井 昌美
ベイカー L.
ロスマン B.
川喜田 好恵
福田 俊一
金沢 吉展
ミニューチン S.
書名ヨミ シシュンキ ヤセショウ ノ カゾク
書名別名 Psychosomatic families

Shishunki yasesho no kazoku
出版元 星和書店
刊行年月 1987.9
ページ数 515p
大きさ 22cm
ISBN 479110160X
NCID BN01646677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88043770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想