能勢朝次著作集  第4巻 (能楽研究 1)

能勢朝次著作集編集委員会 編

この本の情報

書名 能勢朝次著作集
著作者等 能勢 朝次
能勢朝次著作集編集委員会
書名ヨミ ノセ アサジ チョサクシュウ
書名別名 能楽研究

Nose asaji chosakushu
巻冊次 第4巻 (能楽研究 1)
出版元 思文閣
刊行年月 1982.3
ページ数 438p
大きさ 22cm
NCID BN01642166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82029055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1: 古代劇文学 能勢 朝次
2: 「花伝書」 能勢 朝次
3: 謡曲講義 能勢 朝次
「九位次第」と「六輪一露」 能勢 朝次
「六義」と「遊楽芸風五位」 能勢 朝次
「六輪一露」 能勢 朝次
「六輪一露」評釈 能勢 朝次
「能の幽霊」に導かれて 能勢 朝次
「至道要抄」の芸論的位置 能勢 朝次
「花修」および「五音」について 能勢 朝次
「遊楽習道見風書」私見 能勢 朝次
上代演劇 能勢 朝次
世阿弥と元能 能勢 朝次
世阿弥における心の諸問題 能勢 朝次
世阿弥の新解釈について 能勢 朝次
世阿弥の芸術論における「位」 能勢 朝次
世阿弥の芸術論二三 能勢 朝次
五音の発見による収穫 能勢 朝次
型の哲理的考察 能勢 朝次
思想家としての世阿弥 : 「花鏡」を中心とする六十歳前後の能楽思想 能勢 朝次
曲舞について 能勢 朝次
演劇学として見たる能楽論 能勢 朝次
無所住と一行三昧 能勢 朝次
猿楽における宗教的意義の推移 能勢 朝次
翁の発生 能勢 朝次
能と室町時代 能勢 朝次
能と無と全人間と 能勢 朝次
能の先行芸術 能勢 朝次
能の表現とその解釈 能勢 朝次
能作と仏教との関係 能勢 朝次
能楽と国民性 能勢 朝次
能楽と現代人 能勢 朝次
能楽の幽玄 能勢 朝次
能楽の自由 能勢 朝次
能楽幽玄の系譜問題 能勢 朝次
能楽研究法 能勢 朝次
能楽道と画道 能勢 朝次
芸能における修行の意義 能勢 朝次
観世家蔵の「花伝書」と「申楽談儀」 能勢 朝次
観阿弥作能考 能勢 朝次
解説 中村格
記録類より見たる幸若 能勢 朝次
謡曲と作者 能勢 朝次
謡曲の解釈 能勢 朝次
謡曲作者雑考 能勢 朝次
謡曲講義以前(謡曲) 能勢 朝次
金春禅竹に関する一考察 能勢 朝次
金春禅竹の水味の意義 能勢 朝次
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想