四つ裂きの刑

E.M.シオラン [著] ; 金井裕 訳

現代文明の負の証人として歴史と人間を告発しつづけるシオランの最新著.人類の生存にまつわる<普遍的な無益さ>を日々の啓示として語ることによって人間の裡に秘められた力を奪い立たせ,死と虚無への果敢なたたかいによって人々を勇気と歓喜へ誘う異色のアフォリズム集.

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二つの真理
  • 回想録の愛好者
  • 歴史以後
  • 最悪古都の緊急性
  • 眩暈粗描

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四つ裂きの刑
著作者等 Cioran, E. M.
Cioran, Émile M.
金井 裕
シオラン E.M.
書名ヨミ ヨツザキノケイ
書名別名 Écartèlement
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1986.4
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 4588001841
NCID BN01583012
BN01638861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86031795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想