ナトルプ一般教育学の研究

松浦鶴造 著

本書は1854年から1924年にわたって存命したドイツのマールブルク大学の教育哲学の教授ナトルプ(Paul Natorp)の著書『一般教育学-大学講義のための指導原理-』(Allgemeine Pad¨agogik in Leits¨atzen zu akademischen Vorlesungen)を平易に翻訳し、解説を加える一方、思想の歴史的流れの中でこれらの理解を正確にするため、その前に「ナトルプ教育学説の概観」と題する拙論を掲載したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ナトルプ教育学説の概観(カントの哲学
  • 新カント学派
  • ナトルプの誕生と発展
  • ヘルバルト批判からペスタロッチーの復興へ
  • 社会的教育学説)
  • ナトルプ『一般教育学-大学講義のための指導原理-』(基礎理論
  • 陶冶過程の主要な特徴についての叙述)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナトルプ一般教育学の研究
著作者等 松浦 鶴造
書名ヨミ ナトルプ イッパン キョウイクガク ノ ケンキュウ
出版元 五月書房
刊行年月 1987.11
ページ数 231p
大きさ 22cm
ISBN 4772700498
NCID BN01632901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88008780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想