近代日本と朝鮮

中塚明 著

日本人にとって朝鮮とは何か。近代日本の歴史の省察がいま求められている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桜の国と木槿の国-日本と朝鮮
  • 1 近代の幕あけ-明治維新と朝鮮
  • 2 もう一つの民族独立の構想-自由民権運動と朝鮮
  • 3 「義戦」の名のもとに-日清戦争と朝鮮属国化の企図
  • 4 極東の憲兵-帝国主義の形成と朝鮮
  • 5 「韓国を廃滅して帝国領土の一部となす」-日本帝国主義の韓国「併合」
  • 6 朝鮮をおおう「独立万歳」の声-三・一独立運動と「文化政治」
  • 7 膨張する野望-中国への侵略と朝鮮
  • 8 崩壊する大日本帝国-全面戦争下の朝鮮
  • 9 朝鮮侵略の歴史をどうみるか-敗戦後半世紀の日本政府の見解
  • 10 ある韓国人牧師の憂慮

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本と朝鮮
著作者等 中塚 明
書名ヨミ キンダイ ニホン ト チョウセン
シリーズ名 三省堂選書 4
出版元 三省堂
刊行年月 1977.2
版表示 新版.
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 4385431809
NCID BN01632504
BN10894465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77012331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想