百年・千年・万年後の日本の自然と人類 : 第四紀研究にもとづく将来予測

日本第四紀学会 編

この本は、1985年6月22日に、書名と同じ標題と副題のもとに、日本学術会議講堂で行われたシンポジウムの内容にもとづいて編集されたものである。第四紀学では、数十・数百・数千・数万・数十万・数百万年前という地球の過去の諸現象が研究されているが、このシンポジウムは、過去研究の成果にもとづいて、日本の自然と人類に関する将来予測について討議しようという、はじめての試みであった。今後、第四紀研究は地球の未来予測の科学の性格を強めてゆくであろうが、本書は日本における、その種の研究に関する最初のリポートである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 将来予測と第四紀研究(貝塚爽平)
  • 2 第四紀の気候変動からみた将来の気候変動(鎮西清高)
  • 3 第四紀の海面変化とその将来の予測(米倉伸之)
  • 4 気候変化と将来予測-最終氷期の気候変化と百年・千年・万年後の気候予測の諸問題(吉野正敏)
  • 5 百年・千年・万年の未来予測-地震と地殻変動(松田時彦)
  • 6 火山の爆発的活動史と将来予測(町田洋)
  • 7 海岸線の変遷(小池一之)
  • 8 最終間氷期以降の植生史と変化様式-将来予測に向けて(辻誠一郎)
  • 9 日本の土壌の過去・現在・未来(松井健)
  • 10 人類-この予測不可能なるもの(香原志勢)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / 4
  • まえがき 貝塚爽平/加藤芳朗/小疇尚
  • 開会の挨拶 木越邦彦 / 1
  • 1 将来予測と第四紀研究 貝塚爽平 / 4
  • 2 第四紀の気候変動からみた将来の気候変動 鎮西清高 / 20
  • 3 第四紀の海面変化とその将来予測 米倉伸之 / 38
  • 4 気候変化と将来予測-最終氷期の気候変化と百年・千年・万年後の気候予測の諸問題 吉野正敏 / 60
  • 5 百年・千年・万年の未来予測-地震と地殼変動 松田時彦 / 81
  • 6 火山の爆発的活動史と将来予測 町田洋 / 104
  • 7 海岸線の変遷 小池一之 / 136
  • 8 最終間氷期以降の植生史と変化様式-将来予測に向けて 辻誠一郎 / 157
  • 9 日本の土壌の過去・現在・未来 松井健 / 184
  • 10 人類-この予測不可能なるもの 香原志勢 / 212
  • 閉会の挨拶 大森昌衛 / 229

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 百年・千年・万年後の日本の自然と人類 : 第四紀研究にもとづく将来予測
著作者等 日本第四紀学会
書名ヨミ ヒャクネン センネン マンネンゴ ノ ニホン ノ シゼン ト ジンルイ
出版元 古今書院
刊行年月 1987.8
ページ数 231p
大きさ 21cm
ISBN 4772213694
NCID BN01621031
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87054750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想