南京事件を考える

藤原彰 ほか編著

「南京大虐殺はまぼろし」というインチキな「論証」が跡を絶たず、教科書検定でも重大な争点になるなど、南京事件は、今も現代史論争の焦点の一つとなっている。本書は、地道な取材と新史料の発掘を続けてきた歴史家とジャーナリストが、南京事件の実態をさぐり、それが現代に問いかける意味を多様な視角から究明しようとする論集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 南京事件をめぐる論争と証言(南京大虐殺と教科書・教育問題<藤原彰>
  • 日中の二人の生き証人<本多勝一>
  • 松井大将陣中日誌改竄あとさき<洞富雄>
  • 15年戦争史研究と戦争責任問題-南京事件を中心に-<吉田裕>
  • 南京事件と遺体埋葬問題<井上久士>
  • 「南京事件」の肯定と「南京大虐殺」の否定<君島和彦>
  • 南京事件をめぐる新たな論争点<石島紀之>)
  • 2 南京事件と中国(南京防衛軍と唐生智<孫宅巍著
  • 笠原十九司訳>
  • 南京事件と中国共産党<井上久士>
  • 台湾に生きつづける「抗日戦争」の遺産<姫田光義>)
  • 3 南京事件とジャーナリズム(鈴木明氏の「取材」を取材する<和多田進>
  • 株式会社・文芸春秋の戦争中と現在とを考える<高崎隆治>)
  • 4 補論 日本の戦争犯罪-アヘン・毒ガス(中日戦争期の日本のアヘン政策
  • 日本軍の毒ガス作戦-中国・東南アジアにおける使用の一端<吉見義明>)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南京事件を考える
著作者等 井上 久士
南京事件調査研究会
吉田 裕
吉見 義明
君島 和彦
和多田 進
姫田 光義
孫 宅巍
本多 勝一
江口 圭一
洞 富雄
石島 紀之
笠原 十九司
藤原 彰
高崎 隆治
書名ヨミ ナンキン ジケン オ カンガエル
書名別名 Nankin jiken o kangaeru
出版元 大月書店
刊行年月 1987.8
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 4272520156
NCID BN0161512X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87054514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想