旅の民俗と歴史  8 (山の道)

宮本常一 編著

山間往来・放浪の生活文化史。落人、木地屋、マタギ、ボッカなど秘境を生活の場にした民の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 秘境の話(秘境に托す夢
  • 米良・椎葉山
  • 祖谷山と本山
  • 吉野・熊野
  • 平家谷)
  • 2 山人の道(木地屋の話
  • 狩人の群)
  • 3 間道(秋葉山から鳳来寺
  • 九州山地の道
  • 中部山中)
  • 4 古い道(鎌倉街道
  • 秋葉街道)
  • 5 峠越え(北上山中の塩道
  • 飛騨山脈
  • 中国山地
  • カリコ牛の道)
  • 6 山の町(山の市場
  • 山の門前町
  • 山の湯治場)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旅の民俗と歴史
著作者等 宮本 常一
書名ヨミ タビ ノ ミンゾク ト レキシ
書名別名 山の道
巻冊次 8 (山の道)
出版元 八坂書房
刊行年月 1987.9
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 4896947088
NCID BN01614943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88018795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想