景観の深層

水津一朗 著

[目次]

  • 序論(地理学と社会学との接点)
  • 前編(言語と景観
  • 景観のコード-日本とヨーロッパ
  • ヨーロッパの市壁-<くぎる>コードの意味
  • 日本における景観の文法-位相地理学のこころみ<1>)
  • 後編(日本における中世のイメージ
  • 景観と「不思議の園」-中世説話物語集の世界
  • 山と海の交錯
  • 中世の説話と地理学-位相地理学のこころみ<2>)
  • むすび-トレミーのテラ・インコグニタによせて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 景観の深層
著作者等 水津 一朗
書名ヨミ ケイカン ノ シンソウ
書名別名 Keikan no shinso
出版元 地人書房
刊行年月 1987.11
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4885010586
NCID BN01614863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88044848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想