パリ・コミューン

磯見辰典 著

「祖国は危機に瀕す。」ナポレオン3世の第2帝政は、プロシャ軍の侵攻でもろくも崩壊した。屈辱的なパリ攻囲の中で、パリ市民は自治組織パリ・コミューンに結集する。パリ・コミューンと「秩序」を求めるヴェルサイユ政府との間に、血にまみれた市民戦争が展開される。同じ愛国心で結ばれた同じフランス人が、なぜ争い合わねばならないのか。複雑な背景を持つパリ・コミューンの全貌を、分かりやすいドキュメンタリー・タッチで書き下す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 祖国は危機に瀕す(第2帝政の終焉と9月4日
  • パリ攻囲と10月31日
  • コミューン前夜)
  • 第2部 パリ・コミューンの栄光と挫折(コミューンの成立
  • パリ進攻と人質の悲劇
  • 燃えるパリ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリ・コミューン
著作者等 磯見 辰典
書名ヨミ パリ コミューン
シリーズ名 ドキュメンタリー・フランス史
出版元 白水社
刊行年月 1987.10
ページ数 220, 2p
大きさ 20cm
ISBN 4560029474
NCID BN01612289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88006223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想