海と文明

浜田隆士 編

[目次]

  • 海と日本人(芳賀徹)
  • 大航海時代(増田義郎)
  • 船と海(坂本賢三)
  • 象徴としての海(沢崎順之助)
  • 漂泊漁民の伝統(伊藤亜人)
  • 海洋生物資源(根本敬久)
  • 珊瑚礁をめぐって(浜田隆士)
  • 海底地質(中村保夫)
  • 森と海のエコロジー-過去から現在へ(浜田隆士)
  • 国連海洋法条約について-深海底開発問題(斎藤正樹)
  • 漁業の産業的特徴と問題点(加瀬和俊)
  • 生命資源の数理(竹内啓)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海と文明
著作者等 中村 保夫
伊藤 亜人
加瀬 和俊
坂本 賢三
増田 義郎
根本 敬久
沢崎 順之助
浜田 隆士
竹内 啓
芳賀 徹
斎藤 正樹
書名ヨミ ウミ ト ブンメイ
シリーズ名 東京大学教養講座 16
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1987.11
ページ数 307, 19p
大きさ 19cm
ISBN 4130010166
NCID BN01609830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88010088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想