中村幸彦著述集  第4巻 (近世小説史)

中村 幸彦【著】

講義ノートをもとに、近世小説の流れを様式の変遷を中心に書き下ろされた本巻は、多くの問題点を提示するとともに方法論解明の豊かな示唆に富む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説-近世小説史の課題
  • 第2章 仮名草子の性格
  • 第3章 西鶴作品の史的意義
  • 第4章 八文字屋本の顛末
  • 第5章 文運東漸
  • 第6章 初期読本の作家達
  • 第7章 前期滑稽本の展開
  • 第8章 酒落本の変遷
  • 第9章 後期滑稽本の興趣
  • 第10章 後期読本の推移
  • 第11章 人情本と為永春水-付『梅ごよみ』へんちき論
  • 第12章 草双紙の諸相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中村幸彦著述集
著作者等 中村 幸彦
書名ヨミ ナカムラ ユキヒコ チョジュツシュウ
書名別名 近世小説史

Nakamura yukihiko chojutsushu
巻冊次 第4巻 (近世小説史)
出版元 中央公論社
刊行年月 1987.11
ページ数 553p
大きさ 22cm
ISBN 4124021445
NCID BN01605614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88009111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想