西田哲学 : 新資料と研究への手引き

茅野良男, 大橋良介 編

[目次]

  • 1 資料篇『西田幾多郎全集』未収載テクスト(『智山学報』より
  • 『改造』より
  • 『信濃教育』より
  • 西田幾多郎初期の思索をめぐって-資料篇の解説に代えて)
  • 2 研究篇(西田哲学の「哲学史的」意義
  • 日本における研究史の概観と現状
  • 欧米における研究史の概観と現状
  • 西田哲学の時期区分説-多様なる西田哲学像
  • 西田哲学の根本諸概念-ドイツ語への受容)
  • 3 目録篇(西幾多郎作品年表
  • 西田哲学に映る諸思想家の像-索引とアンソロジー
  • 西田幾多郎研究文献目録〔日本編〕
  • 西田幾多郎研究文献目録〔欧米編〕)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西田哲学 : 新資料と研究への手引き
著作者等 大橋 良介
茅野 良男
書名ヨミ ニシダ テツガク
書名別名 Nishida tetsugaku
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1987.11
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 4623017907
NCID BN01604688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88007301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想