勤労農民的経営と国家主義運動 : 昭和初期農本主義の社会的基盤

東敏雄 著

[目次]

  • 序章 勤労農民的経営の論理
  • 第1章 勤労農民的経営と大正・昭和初期村長像の形成史
  • 第2章 変わる平地林と普通畑作物の商品化
  • 第3章 在村手作地主経営地
  • 第4章 「大正デモクラシー」期における農民経営の歴史的性格
  • 第5章 勤労農民的経営者の軌跡
  • 第6章 在村地主と大正期の農民
  • 第7章 勤労農民的経営の生成・確立と大正期における農本主義の変容
  • 第8章 農民経営の共同化と農民意識
  • 第9章 農村不況下の勤労農民的経営と畑作農業
  • 第10章 勤労農民的経営と愛郷会-昭和初期の農本主義と国家主義運動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 勤労農民的経営と国家主義運動 : 昭和初期農本主義の社会的基盤
著作者等 東 敏雄
書名ヨミ キンロウ ノウミンテキ ケイエイ ト コッカ シュギ ウンドウ
書名別名 Kinro nominteki keiei to kokka shugi undo
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1987.11
ページ数 367p
大きさ 22cm
ISBN 4275007689
NCID BN01600905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88021262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想