鉱物の結晶場理論

バーンズ 著 ; 大森啓一 訳

[目次]

  • 目次
  • 1 序論
  • 1・1 結晶場理論の歴史 / 2
  • 1・2 結晶場理論の目的 / 3
  • 1・3 参考書 / 4
  • 2 結晶場理論の概説
  • 2・1 序論 / 5
  • 2・2 軌道 / 5
  • 2・3 軌道の形と対称 / 8
  • 2・4 遷移元素 / 10
  • 2・5 8面体配位内の結晶場分裂 / 11
  • 2・6 4面体配位内の結晶場分裂 / 15
  • 2・7 6面体配位内の結晶場分裂 / 18
  • 2・8 ⊿の評価 / 18
  • 2・9 非等軸環境内の結晶場 / 20
  • 2・10 Jahn-Teller効果 / 21
  • 2・11 ひずんだ配位席の安定化エネルギー / 23
  • 2・12 要約 / 25
  • 2・13 参考書 / 28
  • 3 エネルギー準位図と遷移金属イオンのスペクトル
  • 3・1 序論 / 29
  • 3・2 8面体環境のエネルギー準位図 / 32
  • 3・3 4面体環境のエネルギー準位図 / 38
  • 3・4 低い対称環境のエネルギー準位図 / 39
  • 3・5 選択律および吸収帯の強度 / 40
  • 3・6 吸収帯の偏光依存性 / 42
  • 3・7 吸収帯の幅 / 46
  • 3・8 要約 / 47
  • 3・9 参考書 / 49
  • 4 鉱物の吸収スペクトルの測定
  • 4・1 序論 / 50
  • 4・2 鉱物のスペクトルを測定する方法 / 51
  • 4・3 吸収スペクトルの単位 / 52
  • 4・4 吸収スペクトルを酸化状態と配位対称の決定に用いること / 54
  • 4・5 ケイ酸塩鉱物中の陽イオン秩序の検出 / 63
  • 4・6 色と多色性の原因 / 65
  • 4・7 鉱物の色と多色性の原因 / 65
  • 4・8 要約 / 77
  • 4・9 参考書 / 79
  • 5 ケイ酸塩鉱物の遷移金属イオンの電子スペクトル
  • 5・1 序論 / 80
  • 5・2 鉱物の吸収スペクトルの分類 / 81
  • 5・3 オルソケイ酸塩のスペクトル / 84
  • 5・4 鎖状ケイ酸塩のスペクトル,輝石族 / 89
  • 5・5 鎖状ケイ酸塩のスペクトル,角閃石族 / 97
  • 5・6 環状ケイ酸塩のスペクトル / 103
  • 5・7 層状ケイ酸塩のスペクトル / 106
  • 5・8 網状ケイ酸塩のスペクトル / 106
  • 5・9 要約 / 106
  • 6 遷移金属化合物および鉱物の結晶化学
  • 6・1 序論 / 108
  • 6・2 遷移金属化合物の原子間距離 / 108
  • 6・3 結晶構造内のJahn-Tellerひずみ / 111
  • 6・4 尖晶石の結晶化学 / 112
  • 6・5 ケイ酸塩構造中の席占有性 / 114
  • 6・6 結晶構造内の席占有率の測定 / 115
  • 6・7 ケイ酸塩鉱物の席占有率 / 117
  • 6・8 鉄苦土ケイ酸塩における第一鉄イオンの秩序の解釈 / 120
  • 6・9 ケイ酸塩構造における遷移金属イオンの予想される濃集 / 123
  • 6・10 要約 / 126
  • 6・11 参考書 / 128
  • 7 熱力学的性質
  • 7・1 序論 / 129
  • 7・2 ケイ酸塩鉱物における理想溶液挙動 / 132
  • 7・3 共存した鉄苦土ケイ酸塩中の鉄-マグネシウム比 / 137
  • 7・4 共存した鉄苦土ケイ酸塩間の遷移金属イオンの分布 / 138
  • 7・5 共存鉱物間の遷移金属の分配 / 140
  • 7・6 結晶と岩漿間の遷移元素の分配 / 141
  • 7・7 要約 / 143
  • 7・8 参考書 / 144
  • 8 微量元素地球化学および地殻内の遷移元素の分布
  • 8・1 序論 / 145
  • 8・2 微量元素 / 145
  • 8・3 微量元素の分布法則の歴史的発展 / 146
  • 8・4 元素分布を支配する原理の評価 / 149
  • 8・5 遷移元素の火成地球化学 / 155
  • 8・6 遷移元素の水成地球化学 / 163
  • 8・7 変成過程における遷移金属イオンの分配 / 168
  • 8・8 要約 / 170
  • 8・9 参考書 / 172
  • 9 マントルの性質に対する結晶場理論の応用
  • 9・1 序論 / 173
  • 9・2 吸収スペクトルにおよぼす温度の影響 / 173
  • 9・3 吸収スペクトルにおよぼす圧力の影響 / 174
  • 9・4 マントルの鉱物学 / 177
  • 9・5 マントルの化学組成 / 178
  • 9・6 マントルの研究にたいするスペクトルデータの応用 / 179
  • 9・7 要約 / 183
  • 9・8 参考書 / 184
  • 10 分子軌道理論および遷移元素の硫化物鉱物学
  • 10・1 序論 / 185
  • 10・2 分子軌道理論の概要 / 185
  • 10・3 鉱物におけるπ結合の形成 / 189
  • 10・4 原子間距離とπ結合の形成 / 190
  • 10・5 二硫化遷移金属および類似鉱物の構造安定度 / 191
  • 10・6 共存鉱物間の元素分布 / 192
  • 10・7 要約 / 192
  • 10・8 参考書 / 194
  • 付録
  • 1 宇宙,地球および地殻の組成 / 195
  • 2 分光学的状態の記号 / 196
  • 3 群論の記号 / 197
  • 文献 / 199
  • 索引 / 211

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉱物の結晶場理論
著作者等 Burns, Roger G
Burns, Roger G.
大森 啓一
バーンズ
書名ヨミ コウブツ ノ ケッショウ ジョウ リロン
書名別名 Kobutsu no kessho jo riron
出版元 内田老鶴圃新社
刊行年月 1972
ページ数 224p
大きさ 22cm
NCID BN01597414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69002619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想