精神病理学研究  1

カール・ヤスパース 著 ; 藤森英之 訳

ドイツの精神医学者、実存主義哲学者の精神医学論文集。『精神病理学総論』へと結実する思考過程を追う。本書は「懐郷と犯罪」「嫉妬妄想」「知能検査の方法と痴呆の概念」の三論文。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 懐郷と犯罪(懐郷文献の歴史
  • フランスの懐郷文献
  • 司法的解釈の発展 ほか)
  • 嫉妬妄想-『人格の発展』か『病的過程』かの問題への寄与(長い病歴を発表する意図
  • 現在の嫉妬妄想学説に関する展望)
  • 知能検査の方法と痴呆の概念-批判的報告(精神医学における方法の二系列
  • 素材の組み立て)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神病理学研究
著作者等 Jaspers, Karl
藤森 英之
ヤスパース カール
書名ヨミ セイシン ビョウリガク ケンキュウ
書名別名 Seishin byorigaku kenkyu
巻冊次 1
出版元 みすず書房
刊行年月 1969
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 4622022125
NCID BN0159615X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69022612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想