尾崎行雄

伊佐秀雄 著

明治・大正・昭和の三代にわたり、常に自由主義者として閥族的専制政治に反対しつづけた政治家。1890年以来、連続して衆議院に当選、東京市長・文相などを歴任、人称して"憲政の神様"という。著者は尾崎の後半生に親しくその謦咳に接しながら、その恩顧に溺れることなく、よくその性格と政界に苦闘する過程をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 おいたち
  • 第2 勉学期
  • 第3 文筆と舌の活動へ
  • 第4 政治活動に入る
  • 第5 大同団結と保安条例
  • 第6 尾崎と選挙
  • 第7 伊藤への攻撃と協力
  • 第8 在官のまま倒閣運動
  • 第9 「共和演説」前後
  • 第10 政友会創設の頃
  • 第11 東京市長時代
  • 第12 憲政擁護運動
  • 第13 第1次大戦後の活躍
  • 第14 軍国主義と闘う
  • 第15 奇怪な裁判とその後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尾崎行雄
著作者等 伊佐 秀雄
日本歴史学会
書名ヨミ オザキ ユキオ
書名別名 Ozaki yukio
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.7
版表示 〔新装版〕
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 4642050876
NCID BN01592057
BN01888803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87044648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想